なごみグループホーム

なごみグループホームは、地域に4か所6つのホームが点在し、それぞれ3~7名の障害のある方が、それぞれの生活を送っています。ホームでは洗濯や掃除、身体介助などの生活全般の支援を行うとともに、必要に応じて相談・通院等支援を行っています。

サービス概要

名 称 なごみグループホーム
実施事業 共同生活援助
定員 34名(内体験2名)
支援内容 食事の提供、洗濯、掃除、入浴など、対応を含め生活全般の支援
利用時間 16時~翌10時 土日祝日 10時~16時
連絡先 電話 044-299-7715
FAX 044-299-7985

各ホームの外観

  • パーラの家
  • ぐっすりⅠ ぐっすりⅡ
  • わさび(右)わさびⅡ(左)
  • ペニーレイン

ひとこと

「共に生き共に育つ」当法人の理念です。
わたしたちは、この理念に基づき利用者さんの支援を行います。支援者は食事作りも含め、全く福祉に携わったことがない方が殆どです。それでもこの世界に関心を抱き、ホームという生活の場で、それぞれの役割の基、支援を行っています。うまくいかないこと、「どうして」と思うことも多々あるでしょう。そんな中で利用者さんと向かい合いながら、お互いを知り関係を深めていく。日々の関り、過ごしを通して障害への理解を深めるとともに、こうしたらいいんじゃないか、ああしたらいいんじゃないか、を繰り返しながら自分自身の引き出しを増やし、後進に伝える。それが支援者としての成長と利用者さんの自立を育むことにつながると信じています。ここでいう自立は世間一般のそれとは異なり、一人ひとりの利用者さんにとっての自立という意になります。
わたしたちはそれらをサポートします。個別的多角的に。ただグループホームは万能ではありません。ずっと此処でいいと思ってくれるのはうれしいことでもありますが、やはり生活スタイルによって、いろんな方向性を模索しなくてはならないですし、利用者さんにそれを促すことも大切な支援と考えています。
ただ人生は長いので、あわてずゆっくり歩んでいきましょう。

なごみグループホーム
管理者 平林